特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

韓国 2018 Fail Expo

飯野謙次

 9月14日(金)から3日間、韓国ソウル中央部の光化門広場で Fail Expo が行われた。このイベントは韓国政府行政安全部(Ministry of Interior and Safey) と中小ベンチャー企業部(Ministry of Small and Medium Venture Business)の共催で、失敗に真正面から立ち向かい、成功を導き出そうという強い意志が伺えた。 3日目には文大統領も訪れ、掲示板にメッセージを残された。
 日本は GDP では韓国をリードしているものの、国民数も2倍程度なので当然である。国民一人当たりの GDP で比べると、両国は25位前後で非常に近い。 ところが、その学習欲を比べると、バブル期にアメリカに送り込んでいる留学生数が筆頭だった日本は、今や当時の半分程度しか米国にはおらず、 韓国人留学生の方がはるかに多い。この比較だけでは学習熱心さの尺度とは断言できないが、 『失敗学』では先行している日本から、それを学んで自国に取り込もうという意欲には敬服するものがある。このごろの韓国製品を見ていると、日本製品に追いつくどころか、 完全に追い越しているものもあるように感じる。
 イベントの後、日を残して観光名所と街を散策した。地下鉄で目的地の近くまで行き、ハングル文字の地図は地形を頭に叩き込んで地上に出た。 雨が降るなか、間違えたかと思うほど人通りが少なかったのに、広蔵市場に到着してみるとそこはパワーがあふれかえっていた。アーケード街の真ん中には屋台。 やたら厚めのお好み焼きのようなジョンが積み上げてあり、次々に売れていた。パワーの源泉かも知れない


光化門広場
国民的英雄李舜臣(豊臣秀吉の朝鮮出兵の時、活躍)と
その向こうに韓国政府統一部のビルに 2018 FAIL EXPOの垂れ幕


会場で見かけたポスター

 多くの展示やショーが野外で行われたが、講演は屋内で開催され、マスコミや一般参列者が多く会場に訪れた中、 韓国の先生方に混じってその日の特別講演、"Creativity is the solution -Keep failing for success,but avoid the unnecessary ones" を行った。 そして、最後はパネルに参加。この韓英パネルが実現したのも、優秀な同時通訳者のおかげである。


公演中の私。向かって右側には同時通訳によるハングル文字が流れている。


その日を締めくくるパネル討論

 以下クリップは、パネル討論から最も言いたかった部分を切り出したものである。


     What comes to my mind when I hear that is that our society as we live is full of imperfections and flaws and weak points and we don't know them. They are just hidden around. And what is really unfortunate for us is that human-made machines have huge power now, they are fast, they are very big, they are very tall, they have huge energy that they produce so a mistake can devastate the humans.
     The fact that a failure has surfaced is a chance for us to catch what we didn't know but it was a weak point in our society. And if we grab that and we do something with it, and not just blame people, we have come up with a way so that the failure does not happen again. And that might take some time, might take some efforts, and it really needs people's creativity to come up with something that did not exist before that can suppress that failure. And if we succeed in that then our society patches up that weak point, and then it lifts us to a higher position so that we can look for success in the future in different parts.
     So I hope that the failures keep surfacing so that they will let us know what we are weak in and what our imperfections are so that we can make corrections so that the human society can go up higher. This is not just technical things, it might involve political things. Politically, if you look at the world, it is full of imperfections. We have lots of weak points and there are still wars going on and that should not be happening. But there is (always) something in our society that is not perfect and that is what we have to live with and what we keep correcting them.



記念撮影
今回のイベントで大変お世話になったBizHub Communications 社のイ・ヘリョンさん(中央)、リュ・へミさんと記念撮影

10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
3205番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure