特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

兵庫大学失敗学シリーズ7&特別講演


 2015年後期より始まった、失敗学会大阪分科会による講座【失敗学シリーズ】は、好評のうちに2018年度前期も提供されました。
 今回は通常講演(2018年度後期第7回シリーズ)に加えて第13回大阪夏の大会に御出講いただいた臼井教授(大阪大学大学院 人間科学研究科)による特別講演(特別講演は受講無料)が行われますので、お知らせします。

場所:兵庫大学13号館 エクステンション・カレッジ棟
       兵庫県加古川市平岡町新在家2301
       最寄り東加古川駅から徒歩15分
       講座開催中は、スクールバスが運行します:
          神戸市営地下鉄 学園都市駅経由 名谷駅 便(終日)
          山陽電車 別府駅経由 高砂駅 便(終日)
          JR東加古川駅 便(終日)
       交通アクセス    キャンパスマップ



特別講演: 臼井 伸之介教授
タイトル: ヒューマンエラーはなぜ起きる
受講料: 無料
臼井教授特別講演案アナウンスページ

プログラム
日付講師内容
第1回 10月13日(土)
(10:30-12:00)
臼井 伸之介

ヒューマンエラーはなぜ起きる
-リスクと安全の心理学-
人は誰もがうっかりミスをおかします。また現代社会には様々なリスクが存在します。本講演では日々の安全性を高めるため、人はなぜミスをおかすのか、リスクといかにうまく接するかについて、心理学の立場からわかりやすく解説します。



通常講演:兵庫大学失敗学シリーズ7
受講料: 全6回 7,740円(各回1,290円にて受講可)
失敗学シリーズ−失敗事例解析その7−アナウンスページ

プログラム
日付講師内容
第1回
10月27日(土)
(10:40-12:10)
佐伯 徹
失敗学概論〜ミニ事例解説
-失敗学ってどういうもの?-
日大アメフト問題を考える!
(失敗学概論)
失敗学とは?失敗とミスは違います!失敗の本質を理解し『後世へ継ぐ』ことの大切さや、失敗学会データベースの活用方法について紹介します。
(ミニ失敗事例解説 )
2018年5月6日のアメリカンフットボールの日本大学フェニックスと関西学院大学ファイターズの定期戦における反則タックル、およびそれに続く一連の報道ついて考える。「ルール」とは何か、「指示」「指導」とは何なのか?報道の経緯を踏まえ検証していく。
第2回
11月10日(土)
(10:40-12:10)
大澤 勲
”知っていた”のに、失敗はなぜ起こる?
-”知っている”と”分かっている”とは大違い-
日頃私たちは、あることを『知ってる』とか『分かってる』と言いますが、実は、『知っていると分かっている』とでは大違いなのです。例えば、対象がモノ(製品)や行政(西日本集中豪雨でのダム放流)の場合でも両者の差は大きく、まして社会事象(例、韓国併合)となると桁違いの差があります。両者の本質的な違いは何かを皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
第3回
12月22日(土)
(10:40-12:10)
佐々 正光
コンピュータを利用した犯罪の歴史
-どうしたらコンピュータを使用した犯罪を防げるのか?-
過去の犯罪(失敗事例)を参考に解説します。▽犯罪白書、犯罪被害者白書、警察白書、情報通信白書、情報セキュリティ白書などの情報を基に解説します。
第4回
01月26日(土)
(10:40-12:10)
平松 雅伸
明治維新150年 原動力となった下級武士を培った教育と歴史環境を振り返る
-鹿児島の郷中教育と琉球奄美管理等〜負の側面-
西郷〜大久保等の下級若手武士を培った、薩摩藩の教育制度〜郷中教育の概要を紹介するとともに、江戸後期の世界情勢〜情報入手と藩の利益ではなく、日本全体を考えた広い視野につながった地政学的側面を眺めたい。一方、薩摩藩には宗教弾圧(浄土真宗の迫害)や奄美琉球からの収奪、明治維新時の廃仏毀釈等の文化破壊がセットであった。
第5回
02月23日(土)
(10:40-12:10)
岡田 敏明
日本の公害の歴史から考える日本社会と今後の世界
-公害問題の今日的意味を考える・・日本は世界を救えるか?-
果たして、日本社会は公害に真摯に向き合い、克服してきたのか。それは世界の模範となってきたのか。明治維新以後、殖産興業の名のもとに足尾鉱毒事件をはじめ多くの公害被害を生んできた。むしろ、今も世界中で公害に苦しんでいる人たちが数多く残されている。先日、水俣病の患者に正面から向き合ってきた作家の石牟礼道子氏がなくなった。石牟礼さんの死をきっかけに今一度日本の公害問題の歴史と日本社会そしてこれからの世界について考察してみる。
第6回
03月16日(土)
(10:40-12:10)
三国 外喜男
労働災害を失敗学で考える
-あれも、これもヒューマンエラー 事故起因は日本文化?-
 労災事故の原因・起因は何なの? 被災者の立場をゆっくりと考えて見ましょう。当事者になってみたり、第三者の立場になったりと。失敗学の三原則である「現 地・現物・現人」で労災事故を検証してみましょう。


10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure