特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

Forum 158 失敗学フォーラム in 東京(本郷)

安全マネジメントプロセスの実務
−真の事故原因分析手法の体験−

2018年 11月 3日(土) 13:00 - 17:00
組織行動分科会 分科会長石橋明ほか分科会員
参加費: 2,000円、失敗学会員: 1,000円
東京大学工学部2号館、31-A

スケジュール
12:30 集合(受付開始)
13:00 開会、事務連絡
13:05 分科会研究経過と安全マネジメントプロセスの説明
13:45 「事故原因分析手法の研究成果」
            ベビーカーインシデント
            春山登山講習会事故
            新幹線インシデント
14:20 休憩
14:30 ワークショップ「有効な再発対策の導出」
            上記分析結果から「再発防止対策」を導出する実務を演習します。
16:00 成果発表会
16:30 質疑・意見交換
16:45 講評とまとめ
17:00 終了

17:30 懇親会(別途実費)

概要
 組織行動分科会は、2004年の発足以来15年間に亘って一貫して「失敗学」から学んだ成果を、各メンバーの実務場面に活かす手法を研究してきました。
 それらの研究成果を失敗学フォーラムや出版活動、公開講座などの形で社会に発信してきました。
 今回は、15年の節目に当たりこれまでの研究成果を総括する形で、「安全マネジメントプロセス」の理想的な実践手法に関する実務の体験を企画しました。
 事故やインシデント発生に際し、関与者の責任追及に走るのではなく、同様事象の再発を防止するために、「起こった事実の正確な把握」に引き続き、「原因の科学的分析手法」を用いて問題の所在を明らかにし、「効果的な再発防止対策」を立案する手順を、ワークショップ方式を用いてご一緒に体験して頂きます。前回ご参加の皆様もVTA手法(時系列要因分析手法)の復習及び定着を目指してご参加下さい。

非会員の参加希望者は、 admin@shippai.orgまで、 ご氏名、Forum 158 参加希望と懇親会参加の可否を書き添えの上お申込み下さい。


本イベントは終了しました。


前回の「失敗学フォーラムin 本郷」ワークショップの様子


10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure